炭の増田屋がご提案する火鉢専門ショップ
細部までメンテナンスを施した、高品質火鉢の品揃えです。
関西長火鉢 KS355画像

関西長火鉢 KS355

商品説明
天板が厚い重厚感ある関西火鉢

大正末から昭和初期頃に作られたと思われる重厚感あふれる関西火鉢。
この火鉢の特徴は、落ち着いた薄茶色で、前後左右、ケヤキ特有の大小の波杢が見られるところと、堅牢で、摩擦に強く、耐火性にも優れている銘木を、贅沢に使った、どっしりとした存在感です。
また、引出部分の細工も丁寧な作りで、紫檀の飾り枠が全体を引き締めています。 

天板が外れる作りとなっています。



  •  素 材
    本体 ケヤキ、引出し枠 紫檀
    引出し内部:10mm桐材
  •  サイズ
    本体:幅 720×奥行 540×高さ350 mm
    炉:幅 450×奥行 280×深さ150 mm
    天板の厚み:75mm
  •  状態:年代物ですので細かいキズはございますが、銅製の「おとし」や桐製の引出内部はきれいに手入れされています。
    天板が外れる作りとなっており、動かすときなどは楽です。